クリニックについてabout clinic

BELINDACLINICに関する情報や、院内の内観、アクセス情報、お問い合わせ情報、その他ご来院に際しての注意事項をご紹介いたします。

  1. 院内のご紹介

    目でも楽しんでいただける空間作り

  2. 未成年の方へ

    未成年の方への注意事項

  3. 診療時間 / アクセス情報

    当院の診療時間/アクセス情報

  4. ご予約 / お問い合わせについて

    美容整形に関するお悩みも気軽にご相談ください

小鼻縮小術

当院の施術は全て井上真梨子が担当いたします

このような方にオススメです!

  • 鼻の穴が大きく、鼻の穴が目立つ
  • 鼻の穴が丸く、ふくらみやすい
  • 横に広がる鼻が気になり、思い切り笑えない
  • 横に張り出している鼻を治したい
  • 横に広がる鼻で顔全体が綺麗に見えない

小鼻縮小・鼻翼縮小について

鼻の横幅を狭める施術です。
鼻の横幅や、鼻の穴の露出、鼻の大きさを改善したい方におすすめです。

小鼻縮小・鼻翼縮小の特徴

鼻は、大きさや高さ、鼻の穴や小鼻の横幅などのバランス感が非常に重要です。理想のデザインとお客様の鼻を確認し、最適な施術を判断します。
ナチュラルで理想のデザインに仕上がるよう、鼻尖の施術も組み合わせで行うこともあります。
小鼻縮小・鼻翼縮小の特徴

ベリンダクリニックのこだわり

鼻腔内の内側部分の皮膚を切開して縫合を行う「内側法」と、鼻翼の外側の皮膚組織を切除する「外側法」があります。
鼻翼は膨らんでおらず、鼻腔のみ広い場合は「内側法」
鼻翼の膨らみが大きく、鼻腔は標準範囲内の場合は「外側法」
鼻翼の膨らみが大きく、さらに鼻腔も広い場合は「内側法+外側法」

内側法

鼻腔底の外側から鼻翼の内側の、余分な皮膚と皮下組織を除去し、縫合する方法です。
傷跡も目立ちにくくバレにくい、という特徴があります。
鼻翼は膨らんでおらず、鼻腔のみ広い場合に適応です。
鼻翼の付け根の部分から横に広がっている場合は、内側法はおすすめしません。

外側法

鼻翼の外側の皮膚や皮下組織を除去して縫い合わせ、横幅を狭める施術です。
鼻翼の膨らみが大きく、鼻腔は標準範囲内の場合に適応です。
外側の皮膚を除去するため、内側法と比べ傷跡が目立ちやすいです。
鼻の穴の大きさは変わらないため、内側法と組み合わせることも多いです。

内側外側法

内側法と外側法を一緒に行い、鼻の横幅を狭める+鼻の穴を小さく改善することができます。

切らない小鼻縮小

鼻の形を変えたいが、メスを使った施術に抵抗がある方へおすすめの施術です。
糸を埋没させて両小鼻を縫い縮めることで小鼻を小さくし、丸みを減らします。
傷口が針穴のみのため、ダウンタイムはほとんどありませんが、小鼻縮小効果が弱いため張り出しが強い方は切開による方法をお勧めします。

説明/ダウンタイム/リスク

小鼻縮小(鼻翼縮小)に関するQ&A

Category: 小鼻縮小

A.鼻尖形成や鼻中隔延長など様々な施術がありますが、状態によって適応が異なりますので、一度状態を診させていただいてから判断いたします。施術の組み合わせは可能です。一人一人の患者様に合わせて、最適な施術を提案させていただきます。

LINE登録でお得なキャンペーン情報配信中


料金は全て税込み価格です

小鼻縮小術料金表

小鼻縮小術
 ・切らない小鼻縮小
¥257,000
 ・小鼻縮小(内側法)
¥368,000
 ・小鼻縮小(外側法)
¥479,000

【オプション料金】
静脈麻酔:¥50,000
眼窩神経ブロック:¥50,000
笑気麻酔:¥15,000
リラックス麻酔:¥35,000

鼻の整形

  1. 鼻尖形成

  2. 小鼻縮小術

  3. メッシュ法

  4. ヒアルロン酸注入

  5. プロテーゼ

  6. わし鼻修正